slide

「である」か「です」か…文章を書く上での使い分け方とは?

文章を書く上で、文末表現に統一感を持たせることで、読み手が感じる読みやすさが変わってきます。基本となるのは「である。」調と「です。」「ます。」調です。これから書こうとする文章によって上手に使い分けるようにしましょう。

slide

文章の説得力は結論ではなく、具体例から生まれる!

文章で相手に自分のいいたいことを的確に伝えるためには、まずはしっかり結論をアピールすることが大切です。しかし、結論だけを語っては、相手を説得することは出来ません。読み手を納得させるためには、結論に至るまでのエピソードや具体例などが必要になるのです。

slide

長ければ良いわけじゃない!言いたいことは短くすっきりと

文章は相手に自分の言いたいことを伝えられなければ、意味を成しません。文章を書いていると、どうしてもあれもこれもとなってしまいがちですが、言いたいこと、結論を最初にズバッと短文で伝える…これで読み手の心に印象付けることができます。

slide

文章の流れが決め手!まずはどんな流れで書くかを考えよう!

文章を上手く書くために重要なのは、相手に自分が伝えたいことを伝えるということになります。文章はそもそも、自分の意見をしっかり相手に伝えることが根底にあります。自分の気持ち、意見を上手く伝えるためにはどうすれば良いか…それが出来れば、文章は洗練されるのです。