slide

とにかくまずは書いてみる…そこから無駄を削れば良い

文章を書く際には、まずはとにかくどんなに長くなってもいいから書いていくことが重要となります。後で不足していたために付け足した文章は、前後のつながりが悪くなり、読みにくい文章になってしまいます。とにかく書いて、後で不要なものを削る方が上手な文章に仕上がるのです。

slide

上手い文章はまず相手の心に深く印象付けることができる!

文章は相手に自分自身が最も言いたいことを伝えることができなければ意味がありません。そのためには、いかに自分に主張を相手に印象付けることが出来るかがカギとなります。その主張に至った理由を並べると、説得力も付加することができます。

slide

こそあど言葉…あまり多用すると文章が伝わりにくくなる

「こそあど言葉」…文章を書いていく上で、とても便利な存在です。しかし、便利だからといって、思わず使いすぎてしまうと、まるで糸がもつれたように文章が分かりにくくなってしまいます。適材適所に使ってこそ、指示語は活きるのです。

slide

複雑だったり冗長だったり…分かりやすい文章を書くにはNG!

あまりにだらだらと回りくどい説明は、相手になかなか本当に必要なことを伝えられなくなってしまいます。文についてはあまり長くなりすぎず、適当に区切ること、段落については内容を盛り込みすぎず、転換部分で分けるようにしましょう。