slide

単調なリズムの文章は飽きられる…語尾を意識して課題解消

相手に飽きさせず、しかも興味を持ってもらえ、自分自身の主張をはっきりと示すことが出来る文章にするためには、語尾、詰まり文末表現に配慮するといいでしょう。文末表現を変えたり、体言止めを使用したり、主張は断定的な表現にするなどのテクニックも効果的です。

slide

あまり使わない方が良い否定や受け身などの表現

文章は結論をしっかり伝えることが目的です。結論をストレートに伝えることが出来ない表現として、受け身や否定があります。あえて結論をオブラートに包んだり、あたかも自分自身の意見ではないように表現したのでは、文章が意味をなさなくなってしまいます。

slide

段落をコンパクトにすれば、より分かりやすい文章になる

文章を書く際には、「起承転結」を意識して、段落を区切っていくようにしましょう。また、段落にいくつもの要素を盛り込むのではなく、あくまでも1つの内容にとどめることで、段落としての意味合いが高まります。

slide

接続詞も対象に…無駄を削ぎ落として、1文は短めに!

書いた文章を見直す際には、接続詞に注意を払ってみましょう。「そして」や「しかし」など、やたらと目に付くようでしたら、不要だと感じる、削除しても違和感がないところを省くことで、よりリズミカルで読みやすい文章に仕上がっていくことでしょう。