slide

最後はやっぱり慣れ!いっぱい文章を書いて、コツをつかもう

これから文章を書いてみよう…そう思っても、なかなかいきなり非の打ち所のないものは書けるものではありません。まずはあれこれと細かい作法を気にするよりも、文章を書くことに慣れることが、上手な文章を書けるようになるためには大切です。

slide

小難しい熟語、そして分かりにくい横文字は出来るだけ避ける!

文章を書く際に、誰もが知っているような分かりやすい言葉で書き進めていくことが大切です。そのためには専門用語やカタカナ語、内輪しか分からないような言葉、流行語などは避けるように心がけましょう。

slide

意外と見落としやすい…だからこそ大切な主語について

文章は文がいくつも連なって構成されています。文には主語と述語が必要であり、最低限、これらがはっきりとしていれば、読み手は内容を大まかに理解できます。主語と述語のセットが複数あったり、遠く離れた場所にあると、読みにくい文章になるのです。

slide

文法を意識すれば、味わいが違う文章を書くことができる!

英語の授業で文法を習う機会は多いかと思います。しかし、日本語においても、文法は存在します。文章を書くことに少し慣れてきたら、文法というものを少しでも頭の片隅に入れておくと、より正しいルールにのっとった文章を書くことが出来るようになります。