文章を書くのは苦手という方に…文章を上手く書くヒケツ

近年、何かと文章を書く機会が増えていると感じる方は多いのではないでしょうか。かつて、文章を書く必要があったのは学生時代に読書感想文や卒業論文を書くときぐらい…そんな方も意外といらっしゃいます。

しかし、今やパソコンや携帯電話が生活必需品(※生活必需品を購入するお金がない方はコチラから→http://mobil-cali.com/←お金を借りる前にここで確認を!)となり、友達や身内に対してだけでなく、会社内や取引先などでもフォーマルなメールのやり取りが必要となっています。また、職場や自宅などで、パソコンを利用して文章を書く必要に迫られることも、以前に比べると格段に増えたのではないでしょうか。

しかし、「どうも文章を書くのは苦手で…」という方もいらっしゃるでしょう。友達や身内からのメールの返信も、何を書けば良いのか分からず、ただ単に「了解」とだけしか書けないというケースもあるかと思います。身内や友達ならまだしも、取引先などに送るフォーマルなメールについては、何から書けば良いのか分からずに、送信するまでにかなり時間がかかってしまう…そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

今や文章を書く必要性に迫られているのは、学生やライター、作家だけではなく、誰もが一様に必要となっている時代なのです。一度書いた文章は、自分自身の手から離れると、誰かの手に渡り、目に触れることになります。そうなれば、やはり分かりやすく自分自身の真意を伝えたい…それが可能な文章を書けたら、きっと世界が広がることでしょう。

文章はちょっとしたコツを体や頭に染み付かせれば、きっとすらすらと思い描くものが書けるようになります。もちろん、文法のような細部に至る部分も大切です。しかし、起承転結のように、どう筋道を立てて展開していくかという部分もさらに大切となります。

しかし、これらよりもさらに大切なのは、文章を書こうとする意欲です。意欲なくして、上達することはありません。

文章で相手に物事を伝えることは、あらゆる局面において重要です。これが出来るようになれば、仕事面や生活面でも活かすことが出来るようになります。文章を書く際は、話し掛けるように…というのも1つのポイントであり、マスターすれば、会話術もアップすることでしょう。

文章を書くということに苦手意識を持つ必要はありません。確かに細かな技術は必要かもしれませんが、それも実際に書いてみなければ始まらないのです。自分自身で思うがままに書き綴ってみるところから始めてみましょう。それによって、どこを直すべきか、何が不要なのか…客観的に自分自身の文章を見つめ直すことができます。

このサイトは、文章が苦手な方にも、そしてこれから文章を書きたいと思っている方にも、ぜひ参考にしていただきたいと思っています。テクニックだけでなく、それ以前にどう書いていくべきかという心構えも含めて、一から始めても、最終的に文章を上手く書けるゆうになる方法を紹介しています。今までの自分自身の文章をさらにグレードアップさせ、真意を伝えられる、読みやすく魅力的なものにしていきましょう。

slide

最後はやっぱり慣れ!いっぱい文章を書いて、コツをつかもう

これから文章を書いてみよう…そう思っても、なかなかいきなり非の打ち所のないものは書けるものではありません。まずはあれこれと細かい作法を気にするよりも、文章を書くことに慣れることが、上手な文章を書けるようになるためには大切です。

slide

小難しい熟語、そして分かりにくい横文字は出来るだけ避ける!

文章を書く際に、誰もが知っているような分かりやすい言葉で書き進めていくことが大切です。そのためには専門用語やカタカナ語、内輪しか分からないような言葉、流行語などは避けるように心がけましょう。

slide

意外と見落としやすい…だからこそ大切な主語について

文章は文がいくつも連なって構成されています。文には主語と述語が必要であり、最低限、これらがはっきりとしていれば、読み手は内容を大まかに理解できます。主語と述語のセットが複数あったり、遠く離れた場所にあると、読みにくい文章になるのです。

slide

文法を意識すれば、味わいが違う文章を書くことができる!

英語の授業で文法を習う機会は多いかと思います。しかし、日本語においても、文法は存在します。文章を書くことに少し慣れてきたら、文法というものを少しでも頭の片隅に入れておくと、より正しいルールにのっとった文章を書くことが出来るようになります。